ソーサラー

Last-modified: 2014-07-21 (月) 23:22:27 (1d)

【 職業リンク 】
冒険者: 打撃系 / 魔法系 / 補助系 / 特殊系
一次職: ファイター / メイジ / プリースト / シーフ / ペットライザー
二次職: サムライ / ソーサラー / ホーリーナイト / ニンジャ / レンジャー

ソーサラー


転職条件

  • 転職対象キャラクターのメイジでのレベルが、Lv50以上であること。
  • 転職対象キャラクターのプリーストでのレベルが、Lv30以上であること。
  • 上記2つを満たした状態で街の神殿にいるイニングル協会長と話す。
     
    iningurukyoukaichou.gif
      イニングル協会長
     
     

特徴

job_so-sara-.png

メイジよりさらに攻撃魔法に特化した魔法専門職。
範囲連弾魔法、SPを引き換えにした魔法、スキル封印、詠唱の短い属性魔法など多彩な魔法攻撃を扱うことができる

ステータスの上昇に特徴がありHPが低くSPの上昇が高い
※通常は両方40だがHP30・SP50となっている
必要経験値はホーリーナイトと同じく冒険者の約1.8倍

VIT型の場合ホーリーナイトの魔僧型と近い形になるがHPが低く能力ボーナスによるDEF上昇もないので耐久面では劣る

マダンでの遊撃以外はマホギレ系スキルが必須なためマホギレ系以外のリンクスキルを使う場合は課金枠の使用がほぼ必須になる
そのため課金枠を使用しない場合マモアールなどで低いHPを補うことができないので高火力だがメイジよりも力尽きることが多くなる
各育成型は基本的にマホギレ系スキルをリンクし、それ以外に課金枠でのリンクを前提としているものが多い

型ごとの俗称はギルティセットなどを使いLUKを200以上にして回避を重視したタイプをL皿、Lサラ
VITを上げているタイプをIV型(INT/VIT型)と呼ぶ
SPDを上げている支援タイプは使用者が少ない、またはIV型のレベルが上がるとそれに近くなるためこれといった俗称はない

職業装備について

クエスト入手のR装備は交換・ドロップ不可指定アイテムなのでキャラスロ・倉庫利用を除いて一度捨てると再入手不可

Lv41〜の職業装備Rは神殿前のこうもり猫からクエストを受注できる 詳細

Lv54〜用のパック販売形式装備(1個600cpでランダム入手)は2013年4月11日のアップデートを以って販売終了

Lv70〜用のパック販売装備はランダム入手の1個入りが800cpで販売中

ソーサラーのスキル

アイコンスキル名消費SPスキル系統効果
マジティカル.pngマジティカル職業特性攻撃魔法使用時にスキルレベルに応じた確率で魔法クリティカルが発生する(確率はステータスに依存しない)
基本倍率は200%、職業特性強化装備の効果+1につき倍率が+6%される
メテバーン.pngメテバーン490+100×SLMAT適用
範囲攻撃
連撃
魔法攻撃
対象の敵に主軸ダメージと周囲の敵に流弾ダメージを与える
流弾は(スキルLv+2)発で、周囲の敵1体に流弾がそれぞれ1発ずつランダムに当たる
上限流弾数より範囲の敵の数が少ない場合は残弾が対象にすべて当たる
各ダメージは以下の式を参考にしてください

主軸: (INT×(16+スキルLv×12)+装備MAT×2−敵MDF)
流弾: 主軸の非クリティカルダメージ×0.3
連撃制限がある敵には主軸への流弾ダメージは入らない
オブジェは対象にはできない
詠唱中に攻撃を受けると詠唱キャンセルされる

スキル性能強化効果+1につき主軸威力が+0.3%される
詠唱:2.7秒 硬直:1.2秒
マホジャマー.pngマホジャマー380状態異常一定時間だけ敵のスキルを封印して使用できなくする
スキル封印状態の敵はヒールを仲間の敵から受けても回復できない
既に封印状態の敵には「MISS!」が表示され必ず失敗する
効果時間は スキルLv×6 [秒]
およその成功率は スキルLv×9 [%]
失敗時はスキルのHIT判定がない
詠唱中に攻撃を受けると詠唱キャンセルされる

エフェクト変化無効
詠唱:0.8秒 硬直:0.5秒
マジマモール.pngマジマモール520対象補助対象者のMDFを 術者のINT+20 [秒] の間だけ上昇させる
上昇量は(SELECT×2+装備MDF)×(スキルLv×0.1+SELECT÷200)
上式の左カッコ内は対象者の値、右のカッコ内は術者の値が参照される
上式内のSELECTにはINTかVITの補正込みで高い方が反映される
詠唱中に攻撃を受けると詠唱キャンセルされる

詠唱:0.9秒 硬直:0.5秒
魔力の印.png魔力の印
[まりょくのしるし]
880術者補助詠唱時間を長くすることで以下の対象スキルの威力と射程を強化する
射程と威力と詠唱時間の上昇倍率は 100+スキルLv×5 [%] (最大で50%上昇の1.5倍)
効果時間は 10+スキルLv×10 [秒]
再使用間隔は 3分

【対象スキル】
 メイジ: ズバビガン / ドバムオン / ネクロジャム / ビュージン / フリゴッド
 ソーサラー: メテバーン / マダン
詠唱:0.8秒 硬直:0.55秒
マナウォール.pngマナウォール720状態異常
術者補助
2分間の間、攻撃ダメージをSPで受ける(SP0で効果が消える)
効果中はアブゾSPやSPRや座りでのみSP回復ができる (SP回復薬は全て使用不可)
効果中は攻撃を受ける寸前に反射的に必ず0ダメージを与える
反射ダメージの際、スキルレベルに依存した確率で敵を1秒間だけ麻痺状態にする
反射麻痺は敵の攻撃より先に与えるため麻痺効果が発生した場合はダメージを受けない
再使用間隔は 380 - (20 × スキルLv) [秒]
詠唱中に攻撃を受けると詠唱キャンセルされる

詠唱:1.5秒 硬直:0.7秒
マナブラスト.pngマナブラストALL状態異常
範囲攻撃
残存SPをすべて消費し射程範囲内の敵全員を吹き飛ばしてから麻痺状態にする
対象の敵全体に残存SP依存の防御無視ダメージを与える
吹き飛ばしはボスと一部の耐性を持つモンスターには無効
吹き飛ばしが失敗した場合は麻痺も無効
スキルLvを上げると範囲が広がる
再使用間隔は 450 - (15 × スキルLv) [秒]

詠唱:0.7秒 硬直:0.5秒
マダン.pngマダン300MAT適用
単体攻撃
魔法攻撃
INT×マダン倍率+装備MAT×2−敵MDF のダメージを与える
マダン倍率はスキルレベルと属性相性によって決まる
詠唱と硬直が非常に短いのが特徴
詠唱中に攻撃を受けると詠唱キャンセルされる

詠唱:0.63秒 硬直:0.45秒


スキルの相性

各型とスキルの有用性の大まかな一覧
マホギレネーゼとマホギレネーデスはどの型でも有用なので省略とし
課金枠で追加するスキルの有用性についてがメイン
マナブラストとマナウォールはLvを上げるメリットが少なくLv1での性能が高いので省略
ルオニーナとミナルニーナはリンクする場合片方だけ※ルオニーナはソロ用
メテバーンと5属性魔法は両方または片方だけで使用
リンクスキルは最大で3個までだがマホギレ系のどちらかのリンクがほぼ必須なので実質2個まで
◎:ほぼ必須スキル(相性がとても良い)
○:選択スキルとして有用(相性が良い)
△:スキルポイントが余ったら使う・リンクの切り替えでたまに使うことがある(相性は普通)
×:相性の良い型で使った方が実用的(相性が悪い)

マホギレ二種について
メイジのマホギレネーゼとプリーストのマホギレネーデスでは詠唱速度や硬直の性能差があり基本的に性能はネーゼ>ネーデスとなっている
そのためメイジのスキルをマホギレネーゼ以外で3個既にLv9や10などにしている場合をのぞいて基本的にリンクスキルにはマホギレネーゼを選択することが推奨されている
系統型/スキルメテバーン
マホジャマー
※1

マジマモール
※2

魔力の印
※3
マダン
マジアターク
※4
5属性魔法フトスロンバイダインマモアール
ミナルニーナ
ルオニーナ

マジオーラ
※5

アタオーラ
※6
VIT系
※7
火力××
耐久×
支援汎用××
SPD系速攻×××
SPD支援×××
LUK系LUK××××
※1
PTで使うのであればLv8以上推奨、ソロの場合は6前後でも間に合う
※2
回復系スキルを使用する場合ホーリーナイトとの差別化のためにほぼ必須
※3
詠唱短縮装備がある場合のみ推奨
※4
マダンを使用する場合相性を一段上に見て良い
※5
元のINTが高ければ高いほどINT上昇量が大きく、職業特性強化装備(くろ雲の靴系統)があると並みのINT装備よりも強くなる。
味方のINTも上昇するが一番高い倍率が適用されるためPTの場合は一人いれば良い
※6
基礎の倍率がマジオーラよりも1%高く物理職にも影響を与えるためマジオーラよりも使いやすいがMDFは上昇しない
一番高い倍率が適用されるためPTの場合は一人いれば良い
※7
INTとVITを中心に振るためIV型とも呼ばれる一般的な型、ソロでもPTでも応用が利き扱い易い。

ソーサラーの育成例・共通項

どのパターンでも共通してINTを上げる
マホジャマー魔力の印以外のすべてのスキルがINTを上げることで性能が向上するので
どの型にするにしてもINTを上げて損することはなく
ソーサラー自体のスキルにはINT以外に依存するスキルがないのでINT以外は何を上げても問題ない
各ステータスの利点は

POW
ソーサラーで上げるメリットがないので非推奨
SPD
移動速度の上昇、マホギレ系やフトスロンの効果時間の延長、回復スキルの詠唱時間短縮、補助・回復系スキルの射程距離
VIT
低いHPを補え、リンク可能なスキルマモアールバイダインの性能向上など
LUK
能力ボーナスのクリティカル率は変化しないが回避により耐久力を上げることができる
サムライなどの物理職と違い通常攻撃のクリティカルによるメリットもないため
基本的に200以上に出来る場合のみ推奨

HPが低いのでVITを上げる育成方法でもメインで壁を貼るのには向かないので
サブ壁や支援キャラ、攻撃キャラとして育成する方が使いやすい
追加リンク枠を使わない場合リンクスキルはマホギレ系が良い

INTとVIT両方のアバターが同程度あり、ステータス上限を開放している場合
INT150・残りVITでVITアバター中心にするより、VIT150残りINTでINTアバター中心とした方がVITによるHPがあるため耐久力が上がる

どの型でも基本的にINTの高い装備、HPの上がる装備を中心に揃えることで安定する
装備の選び方はホーリーナイトのような壁系職や支援系職と同じで問題ない
またINTとVITを上げるタイプの型はどの型でもステータスに大きな違いはないのでスキルの調整である程度応用がきく
火力耐久支援など

耐久型

ホーリーナイトの魔僧型に近い型でソーサラーの基本形とも言える
リンクスキルはマホギレ系とマモアールだけ用意して
あとは500cp節約して2リンクに留めるか好きなスキルをリンクする
ステータスは主にINTとVITを上げる
基礎のHPが低く能力ボーナスによるDEF上昇もないのでホーリーナイトの魔僧型よりも耐久面はやや劣るが
ある程度VITが上がって敵の攻撃が一桁になるほどにDEFを上げることができるようになれば強力なボスでない限り大きな違いはない
攻撃面では威力が高く範囲攻撃も可能なメテバーンや詠唱が短く連続で使用可能マダン
不利でない限りはダメージの大きいメイジの属性魔法など使いやすいスキルがそろっている

ホーリーナイトの魔僧型同様ソロプレイで使いやすくPTでも一定以上の活躍ができることが特徴
目立った特徴のない型なのでスキルの配分次第でここから火力型や支援型に派生することができる

INTとVITの上がる装備を基本として、アバターなどの補正をさらにVIT重視にすることで
攻守優れた魔僧タイプが仕上がりソロプレイがしやすくなる他、PTでも壁としても貢献できる。

火力型

マジアターク魔力の印を活用する型
基本はINTを最大まで上げ残りは安定性のためにVITをある程度振り、そのままVITを最大まで上げ移動力はMOVで補うのが基本となる。

パラメータの振り分けは耐久と類似しているが、補正部をINT重視にして
魔法攻撃スキルの威力を重視するのがこの型の特徴。
攻撃スキルはメテバーンマダンメイジの属性魔法などから選択して使う

メテバーンを使う場合は取り巻きの数が多いボス戦などで主軸のダメージが激減するため、
マダンやスキルリンクしたメイジ属性魔法などもよい。

通常は主戦力であるメテバーンをLV10まで上げて、魔力の印はLv5〜10で調整し、
マダンや、場合によっては他のスキルのレベルを上げるのもよい。

補助スキルのマジアタークはMATを上昇させるスキルなのでMATの上昇する武器との相性がいい
魔法スキルの要であるメテバーンも詠唱時間がネックとなり、とくに魔力の印+メテバーンは、
非常に時間ロスを受けてしまうが、
詠唱短縮装備の登場により、魔力の印とメテバーン(あるいは他の魔法スキル)の詠唱が
大きく削減されたため、魔力の印の使い勝手は大幅に上がったと言える。

+  マジアタークでの上昇量についての補足
+  魔力の印による効果の補足
+  メイジ属性魔法について
+  メテバーンについて
+  マダンについて


参考用キル表
メイジ: ドバムオン / ネクロジャム / ビュージン / フリゴッド
ソーサラー: メテバーン / マダン

LUK型

基本的にはINTとLUKを上げていく
LUKはカンストさせる
ソーサラーの場合LUK振りにするとHPが低くなる為回避率が重要
LUKを230以上になるよう装備やアバター、ヌシステ等で調節する
基本LUK系はお金がかかるため230以上LUKをあげれない人にはおすすめはできない

支援型

ホーリーナイトとは違った形で支援に使えるスキルの多いソーサラーの支援面を押した型
リンクスキルのマジアタークバイダインマモアール
スキルを使う敵が増えてきて封印が便利なマホジャマー魔法攻撃の敵に対して便利なマジマモール
敵を一気にスタン(麻痺)させることのできるマナブラストなどを活用する

ホーリーナイトの支援系タイプと違いメイジからのリンクスキルで自前の攻撃手段があるのでレベルを上げるときにペットやPTに頼りきりにならない

ステータスは耐久力と補助スキルの強化のためにINTとVITを上げ、余裕があればSPDも上げる
マジアタークは自分で攻撃するタイプのソーサラーが持っている場合もあるので優先度は低め

スキルレベルは主に支援に使えるソーサラーのスキルがマジマモールとマホジャマーでマホジャマーはLv6以上が2人以上いれば安定してくるので無理に10にしなくても使える
この場合マジマモール+何かのレベルを10にすることができるのでメテバーンなどを上げておけば手が空いた時に攻撃に参加しやすい

マモアールの上昇率はバイダインを使えばホーリーナイトよりも高くなるので状況によっては強力な支援になる
ただし移動するVITの量の最大が約20なので約10%の上昇しかなく効果時間が約20秒短くなる点も注意
この場合ホーリーナイトのマモアールより倍率は高いが倍率の高さが必要ならば(320%分岐点以上)
冒険者の方が倍率は高い(持続時間の長さではマモアールの方が長い)

SPD支援型

支援型の亜種で実装時のアップデートで詠唱速度が強化された回復スキルのミナルニーナを活用する型
ミナルニ速型などと呼ばれることもある
※SPD99が速とする定義もありますがこの場合詠唱速度が最大になる62程度を指します
耐久・詠唱速度・回復量で高いステータスを要求されるので実践レベルで使えるのはLv60以上になってから

リンクスキルは課金枠にミナルニーナとマホギレを入れ変更の利く残りの通常枠には高いSPDを活かしたフトスロン、または攻撃のための5属性スキルなどを入れる
フトスロンは元から攻撃速度の早い敵以外には効果が薄いので使い所が限られるので課金枠に入れるのは非推奨
ミナルニーナの詠唱速度はSPDとスキルLvに依存するのでLv9だと最速にはならないのでおまけ程度に考えずにちゃんとLv10にすることを推奨

ソーサラーのスキルではMDFを上げミナルニーナの回復量を上昇させるマジマモールは必須として
残りは対スキル使用ボスへの支援スキルとして優秀なマホジャマー、または攻撃用のメテバーンなどを上げていく
メテバーンがあるとソロでのレベル上げやそこまで強くない場所での戦闘、他に自分より強い同型のキャラがいる場合にもアタッカーとして活躍できる

ステータスの振り分けはINTを限界まで上げSPDを20〜50程度、残りをVITで
装備込みでSPD62程度を目安に装備を構成する
SPDをさらに上げた場合ミナルニーナの射程距離や効果範囲を広がるのでSPDに振りすぎることで損することはない
状態異常のステータス低下の低下量は10%なので詠唱速度の限界の62をその状態でも維持するためにはSPD69あれば可能
SPDによって範囲や詠唱速度が強化されるのでニンジャの風陣の術がある場合はよりINTの高い装備に変更するなどして良い
範囲領域の強化限界がSPD150なので風陣を考慮してもSPDは補正込み100あれば十分

フトスロンやマジアタークを使う場合マモアールもなく支援型よりも耐久が低くサブ壁の役割が劣化しているが
ミナルニーナによる支援とフトスロンによる攻撃の鈍化があり、マジマモールも使えるため全滅の危険性を下げることができる
パーティーに必須ではないがいると安定する型

MDF装備と回復量の比較
Lv66のDEFの上がる武器2種の回復量の比較
結論だけ言えばどちらでも回復量に大きな違いはないので無理にMDF装備を使う必要はなく
2種の比較で言えばMATの上昇やINTの上昇のある堅魔杖の方が優秀
ただし堅魔杖の性能は一段前の堅聖杖ホーリースフィアと大きな違いがあるわけでもないので無理に変更する必要はない
※堅聖杖から堅魔杖へ派生させる場合素材と合成費で8400cp必要
守護剣:守護剣イーヴァルティン
堅魔杖:堅魔杖メテオブラスター
堅聖盾:堅聖盾ホーリープリズム
皿盾II(INT14の盾):カースマソウタージェ/霊護符・カタシロ/メデューサの盾など

回復量の目安

 
ミナルニーナの回復量比較(ミナルニーナLv10・マジマモールLv10)
守護剣
Lv70/INT200/MDF100
堅魔杖
Lv70/INT212/MDF0
3790
2590+1000+200
3583
2710+873
守護剣+堅聖盾
Lv70/INT202/MDF280
堅魔杖+堅聖盾
Lv70/INT214/MDF180
4544
2610+1374+560
4348
2730+1258+360
守護剣+堅聖盾X
Lv70/INT202/MDF335
堅魔杖+堅聖盾X
Lv70/INT214/MDF235
4765
2610+1485+670
4572
2730+1372+470
守護剣+皿盾II
Lv71/INT214/MDF100
堅魔杖+皿盾II
Lv71/INT226/MDF0
4022
2730+1092+200
3812
2850+962

狩場情報

推薦Lv場所モンスター名 (経験値)説明
1〜
11〜
21〜
26〜レイコールの塔
7F(右側通路)
グリムソーサラー(270000)転送装置を使えるようにしてあれば簡単に行く事ができる
ただし下準備としてサケールの使えるキャラ、またはDEFが1000以上あるキャラでの操作が必要
ガマトノと違い必要なMDFが低いので低いレベルから来ることができる
MDF1440に少し足りない時はLv1でもいいので
マジマモールを使っておくとダメージをある程度軽減できる
ガマトノと違い敵のMDFが高いので流弾で倒すことは難しい
31〜カミガモリの大地(春)
ガマの園
ガマトノ(150000)来るためには春の妖玉または妖章が必要
パラメータをINT極にしINT補正を軽く確保すれば、このレベル帯では安全に高い経験値を得ることができる。
メテバーンを使い2〜3キルを目安に倒すとよい。
ガマトノのキル表(流弾)
ガマトノのキル表(主軸)
51〜ジオナイア
XXI
ワグティカ(480000)メイジの属性魔法をリンクして、属性魔法で倒すか
マダンを使用して倒す。
属性魔法ではワンキルを、マダンでは2〜3キルを目安にするとよい。
※メテバーンの流弾でのワンキルにはINT300以上・魔力の印Lv10などが必須になるので非推奨
ワグティカのキル表(マダン)
71〜落魄の館
遊戯部屋
ヨモツビ@闇(1000000)
ノロカベ(3800000)
入るためには月夜に届け我が悲願をクリアするなどの条件を満たす必要がある
メイジの属性スキルかペットでヨモツビを処理し
ノロカベをメテバーンで倒す
マモアールをリンクしている場合ソロが可能なのでソロ推奨
PTの場合敵の数の多い下記の天昇繚乱の台地を推奨
ヨミガタケの霊峰
天昇繚乱の台地
墓守怨霊(1200000)
ヨモツビ(1000000)
狩場としては遊戯部屋よりも遥かに効率が良いオススメ場所
ただしコノシロウキメを倒し面倒な狂気の真宵路と
敵の多い無縁墓地を抜ける必要があるためPT推奨
狩り方は、入り口の階段を上った右下の角端で待機することで
取り巻きが自ずと寄ってくるため、集めたら階段付近に移動してメテバーンを撃つ。
主軸は必ずHPの高い墓守怨霊に当てて、流弾でヨモツビを攻撃すると最も少ないキル数で済むようになる。
メテバーンのヨモツビのキル数3〜5を目安としてキル数を調整しながら
DEFを上げるようにしたい。
DEFの目安は約1800以上でVITダウンを受けてもギリギリ抱えることが
できるが、取り巻きを抱えきれない時は壁役に協力してもらうと良い。
右下と階段付近の通行時に中央台座に近寄りすぎると
ヨモツノミコトの攻撃を受けることがあるので注意
ヨモツビのキル数調整に関してはワンキル表を参考にするといい




パラメータの振り分け例

振り分けの型キャラLvスキル名スキルLvPOWINTSPDVITLUK
万能・PT貢献型?メテバーン101102残り992
マホジャマー10
マジマモール残り
 
リンクスキル名リンクLv
マホギレネーゼ
マホギレネーデス
7〜
9〜
任意:マモアール10
お好み
メテバーンで戦いながら、マホジャマーで敵のスキル封印、マジマモールで味方のMDFを上昇させるなど万能型。
また、ホーリーナイトがいない場合、マモアール役を果たすこともある。
ステータスはINT、VITを極限まで振り、残りは消去法でSPD。


振り分けの型キャラLvスキル名スキルLvPOWINTSPDVITLUK
火力型67メテバーン101102調整調整2
魔力の印5〜10
マダン任意
 
リンクスキル名リンクLv
マホギレネーゼ
マホギレネーデス
7〜
9〜
選択:マジアターク10
選択:5属性魔法10
メテバーンを主軸に戦う
ステータスは基本的にはINTとVITに振るだけ
ただし詠唱短縮装備がない場合、魔力の印は詠唱が長さと威力が釣り合わないのでおすすめできない。


振り分けの型キャラLvスキル名スキルLvPOWINTSPDVITLUK
支援型67マジマモール1011022992
マホジャマー6〜10
 
リンクスキル名リンクLv
マホギレネーゼ
マホギレネーデス
10
マモアール10
選択:バイダイン10
選択:マジアターク10
サブ壁としての役割を持つがナオースがないため
ホーリーナイトとの差別化にマホジャマーが重要
バイダイン使用直後にマモアールを使いバイダインの効果が2分で切れるので
1分30秒を過ぎたあたりにもう1度マモアールを掛けると良い
バイダインを使う機会がなさそうなら他のスキルをリンクした方が良い


振り分けの型キャラLvスキル名スキルLvPOWINTSPDVITLUK
SPD支援型67マジマモール101102調整余り2
マホジャマー6〜10
 
リンクスキル名リンクLv
マホギレネーゼ
マホギレネーデス
7〜10
ミナルニーナ10
選択:フトスロン8〜10
選択:マジアターク5〜10
選択:5属性魔法7〜10
選択:マモアール7〜10
サブ壁の役割も捨てて完全に支援に特化した型
生き残るためにVITは上げるがマモアールはリンクしないので他のマモ役に依存する
メイン壁ではないため前衛に行き過ぎないようにする
SPDの目安は装備次第で基礎20〜50程度に補正込み62を目標にする
VITは最初に20程度振ってその後SPDを振ってから余った分を入れる
マホギレ系スキルはメイジとプリーストの使うリンクスキルの量でどちらを使うかを選ぶといい
例1:ミナルニーナ10・マモアール10・マホギレネーデス9&5属性魔法10・マジアターク10・フトスロン9
例2:ミナルニーナ10・マモアール10・モアターク10&マホギレネーゼ9・マジアターク10・5属性魔法10


振り分けの型キャラLvスキル名スキルLvPOWINTSPDVITLUK
速攻型マダン101102調整11
メテバーン任意
魔力の印任意
リンクスキル名リンクLv
マホギレネーゼ
マホギレネーデス
10
マジアターク〜10
フトスロン〜10
基本は機動力を活かした戦いのスタイルとなる。
特に詠唱の短いマダンと機動力は相性が良いので散乱した敵の場では
力を発揮しやすい

また継承スキルのフトスロンを使えばボスの攻撃などを
遅めることができ効率上昇にも繋がる
SPDが活かせる回復スキルを継承するのもあり
SPDの目安としてはアバターや装備によるが40〜80程度
INTとSPD以外のステータスで耐久のためにVITを振るか
通常攻撃の活用のためにPOWを振るはお好みで




お勧め装備一覧

  • 色分けについて
    • 赤色期間限定の装備(CPが必要な物を含む)
    • 緑色:入手にCPが必要な装備

常駐かつ工房・燕樂など無料で入手可能な装備についてはこちら

Lv40〜60

部位装備名Lv上昇パラメータ説明
武器このレベルではDEF付きのものかMAT付きのものかの二択になる
基本的にDEF付きのものの方が強いので持っているならばそれを使った方がいい
スターライトステッキ46〜MAT+150
POW-2
INT+7
SPD+3
POWにマイナス補正があるため他の装備で補う必要があるが
MATがあるためマジアタークとの相性が良い
改修によって素材の入手難易度は下がった
セイントロッド41〜MAT+140
POW-1
INT+6
VIT+3
POWにマイナス補正があるため他の装備で補う必要があるが
MATがあるためマジアタークとの相性が良い
ドロップのみの素材を使うため作成難易度はやや高い
入手元はテンペスト号アクアジェル
ダブルクラスターR41〜ATK+110
DEF+50
INT+6
ネビュラの素材となる武器
41時点での性能ではセイクリッドスピアに劣る
派生装備があるのでLv51になってから強化が可能
必殺!くろねこのつめ50〜ATK+200
DEF+70
INT+9
MAXHP+500
MAXSP+500
DRN+2
HPR+1%
DEF値ではネビュラに劣るが
その他のステータスが高くHPに補正がある
入手がガチャなため手に入ったらラッキー程度で良い
既にネビュラがある場合は性能に大きな違いはないので必要ない
堅聖杖ホーリーネビュラ51〜ATK+150
DEF+80
INT+8
61からのスフィアの元になる装備
セイクリッドスピア41〜ATK+180
DEF+70
POW+7
INT+7
DEF付きの武器の中では装備可能レベルが低いが性能はLv50や51のものと遜色ない
セイクリッドスピアRATK+175
DEF+70
POW+6
INT+7
Lv54の職業装備が特出した性能を持つがそれ以外はレベルに合ったものを選んでいれば問題ない
サプリムホーン
エンプレスティアラ
40〜DEF+14
INT+7
LUK+5
LUKに補正があるためLUKにマイナス補正のある背後霊ちゃんを装備できるようになる
素材はクエスト入手のものとボスからの入手のものがあり
どちらもやや難易度高め
スラッドクラウン52〜DEF+12
INT+6
VIT+6
INTとVIT両方に補正のある装備
素材はやや面倒なものがあるが強い敵を倒す必要はないため作成難易度は低め
マソウヘッド
マソウサラード
54〜DEF+21
INT+11
SPD+7
MAXSP+300
MOV+5
HPR+1%
主にSPD支援型で使用、SPDがカースマソウよりも高くINTが同じなため
その観点ではこちらの方が優秀な装備
大魔王の角
魔王妃のサークレット
60〜DEF+18
INT+10
LUK+7
Lv71までセット効果は使えないが60までの装備では職業装備を除き
INT補正値が一番高い
特殊効果を持つ装備が多くそれらの性能が特に高い
ただし特殊効果付きのものはCPが必要な装備がほとんど
ドクロネクレス35〜DEF+12
INT+7
入手元がLv60以上推奨マップのボスなため
他に高レベルのキャラがいる場合でないと入手が厳しいがINT補正値が非常に高い
獅子王首飾り・絶空40〜DEF+12
POW+3
INT+6
作成難易度はそこまで高くなく、POWに補正があるためPOWにマイナス補正のある武器などを装備する時に利用できる
派生先が2つあるがどちらの場合でも最終的な性能に大きな違いはない
アジャルアンティ60〜DEF+21
INT+9
SPD+2
VIT+2
HPR+3%
SPR+3%
凍結無効
ステータスも高く凍結無効としても使える
男用チョコルエブローチA
女用チョコルエブローチA
25〜DEF+8
POW+2
INT+2
VIT+1
スキル詠唱短縮30%
ステータス面よりも特殊効果だけを見た装備
詠唱短縮が便利な装備
その他の部位と合わせることで性能が大きく向上する
翡翠のネックレス41〜DEF+15
INT+9
LUK+3
MAXHP+1000
HP補正が優秀な装備
ライトアークネックレス50〜DEF+12
INT+8
VIT+5
高いINTに加えVITにも補正がある装備
対となるネヴァンネックレスはSPDの高い装備なため本職向けではない
太陽の輪40〜DEF+10
INT+9
VIT+4
このレベル帯では高いINTとVITを確保できる
イベント装備のため現在は入手はできない
INTの補正値が高い装備が多く、ここでの補正値次第でかなり火力が変化する
背後霊ちゃん40〜DEF+11
INT+10
LUK-5
こLv40の装備ではINT補正値が一番高いがLUKにマイナス補正があるため他の装備で補う必要がある
素材はボスからのドロップのみなため作成難易度は高め
ノーライフマントの素材になる
男用ノーライフマント
女用ノーライフマント
60〜DEF+18
INT+12
SPD+5
主にSPD支援型で利用する、SPDやDEFなどの総合力では不死の鳳翼に劣るが
工房で作成可能なため実用的な装備
不死の鳳翼55〜ATK+50
DEF+18
INT+10
SPD+7
VIT+3
HPR+2%
ATKが付いているため物理職向けに見えるが
INT・SPDが高くDEFとVITも安定しているためSPD支援型で優秀な装備
ネヴァンウイング
ライトアークウイング
50〜DEF+20
INT+12
このレベル帯ではINTが優秀な装備
期間限定の装備のため取引での入手となる
男女による性能差はない
欠点としてはレベルが上った後で上位装備に派生させることができない
サイサリス・オーブ50〜DEF+18
MAT+100
INT+16
VIT+11
高いINT補正とMATがあるため火力タイプには非常に相性がよい
VIT補正も11あるため実質DEF40の装備
SPD補正がないためSPD支援型には向かない
職業による装備制限がないため魔法職全般で流用可能
このレベルでは強い装備が少なく選択肢が狭い
ネヴァンアーマー50〜DEF+18
INT+8
VIT+5
装備レベルは低いがノーライフローブより高い性能を持つ
欠点としてはレベルが上った後で上位装備に派生させることができない
対となるライトアークドレスはINTではなくLUK補正が高い装備のため本職向けではない
男用ノーライフローブ
女用ノーライフローブ
60〜DEF+16
INT+8
VIT+4
高いINTとVITの補正があり派生先も強力な装備
ボスからのドップのみの素材や主にLUCKYでの入手になる素材を使うので
作成難易度はやや高めだが長期間使えるので作って損することはない
クエストで簡単に入手できる職業装備がかなり強力なため
他の通常装備はほとんど出番がない
マソウタージェR41〜DEF+106
INT+6
SPD+2
MOV+10
CPが必要ない装備では珍しいMOV補正付きの装備
性能が高く入手難易度も低いため使いやすい
Lv51のBドラゴンシールドとINT補正値が同じでかなり長い間活用できる装備
男用アジャルガーダー50〜DEF+146
INT+8
SPD+3
SPR+2%
Lv61の盾よりもDEFやINTが高く
SP自動回復なども付いているため長く使うことのできる装備
女用アジャルタージェDEF+145
INT+8
SPD+3
LUK+1
SPR+2%
 
INTアバティア1〜DEF+2
AVAINT×2
アバターでのINT補正が20以上で真価を発揮する
INTアバター+20以下の場合は
総合的にロイヤルバングルの方が優秀となる
主に火力型や支援型に向いている
VITアバティア1〜DEF+2
AVAVIT×2
アバターでのVIT補正が15以上で真価を発揮する
60以下の装備ではVIT補正のある強力な装備が少ないため代替品がない
主に耐久型に向いている
ロイヤルバングル51〜DEF+17
INT+15
LUK+9
MAXHP+1000
DRN+1
HP補正付きの手装備、INTの高さとLUKで帝王の籠手に優るが
総合性能ではやや劣る
ノーライフアーム60〜DEF+20
INT+10
LUK+4
工房で作れる装備では一番INTが高い装備
LUCKYでのみ入手可能な装備が素材になっているため
作成難易度は高め、INT補正値は低いがVITも上昇する
スラトンケイルやPOWのマイナス補正があるが一つ下の
曼荼羅環などで妥協しても良い
ダークネスウォーカー35〜DEF+8
INT+5
VIT+2
入手元がLv60以上推奨マップのボス討伐のクエストなため
他に高レベルのキャラがいる場合でないと入手が厳しいがINT補正値が高くマイナス補正がないため使いやすい
ノーライフブーツの素材になる
ノーライフブーツ60〜DEF+16
INT+8
作成難易度は高めだが工房で作れる装備では一番INTが高い
メディレプスシューズ30〜DEF+12
POW+3
INT+5
SPD+3
MAXHP+500
MOV+100
INTとHPと高い移動速度を同時に得ることができるため
どのタイプにも使える
モバガチャ装備のため入手はやや難しい
アンゼレプスシューズ50〜DEF+18
POW+6
INT+7
SPD+3
MAXHP+1000
MOV+100
高いINTとHPと移動速度を同時に得ることができるため
どのタイプにも使える
現在入手不可

Lv60〜80

部位装備名Lv上昇パラメータ説明
武器DEF補正やHP補正が付いている装備があり耐久面でどちらを選ぶかは状況による
どちらの補正もないものは高レベルマップでは辛くなる
滅霊のカタシロ62〜ATK+230
INT+10
VIT+10
霊幻のカタシロの一つ前の装備でCPがなしで作成可能
HP補正はないがそれ以外の性能では大きな違いはない
霊符・霊幻のカタシロ72〜ATK+285
INT+14
VIT+10
MAXHP+1000
HP補正と高いINT・VITが強力な武器
カースマソウセプター70〜ATK+220
INT+14
SPD+3
LUK+5
MOV+5
MAXHP+500
一番INTの高い武器、ただしそれ以外の性能が低いため
持っているならばHP補正が大きくVITのある霊幻のカタシロや
DEFに補正のある装備の方が優秀
必殺!くろねこのつめ50〜ATK+200
DEF+70
INT+9
MAXHP+500
MAXSP+500
DRN+2
HPR+1%
DEF値ではネビュラに劣るが
その他のステータスが高くHPに補正がある
入手がガチャなため手に入ったらラッキー程度で良い
堅聖杖ホーリースフィア61〜ATK+190
DEF+100
MAT+230
INT+10
魔法攻撃力と物理防御が同時に上がるため
どのタイプにもお勧めの武器
堅魔杖メテオブラスター66〜ATK+220
DEF+130
MAT+310
INT+12
スフィア同様にどのタイプにもお勧めできる武器
守護剣イーヴァルティン66〜ATK+270
DEF+130
MDF+100
一見ミナルニーナの回復量向上に向いていそうだが
回復量でもMDFでもINT10以上の武器に劣る
上記の堅魔杖とは入手コストとドーピング時のMDFという点で差別化ができる
選ばれし者の真杖J70〜ATK+225
INT+12
HPR+3%
MAXHP+1500
HPが上がる魔武器としては優秀
VITによる補正が必要な場合は霊幻のカタシロを使う
特殊な性能のある装備が少なく、INT補正値が10以上の装備が多いためどれを使っても大きな違いはでない
マソウヘッド
マソウサラード
54〜DEF+21
INT+11
SPD+7
MAXSP+300
MOV+5
HPR+1%
主にSPD支援型で使用、SPDがカースマソウよりも高くINTが同じなため
その観点ではこちらの方が優秀な装備
封印霊符・ジョレイ69〜DEF+25
INT+10
VIT+5
MAXHP+500
MAXSP+1000
HPが上がるため、HPの低い本職にはお勧めといえる
不可視を持つモンスターを見ることができるようになる
バンシークラウン70〜DEF+20
INT+10
VIT+5
工房で作成可能なため使いやすい頭装備
作成難易度はそこまで高くない
大魔王の角
魔王妃のサークレット
60〜DEF+18
INT+10
LUK+7
セット効果で力を発揮する
エーデリヒクライス53〜DEF+21
INT+12
VIT+2
LUK+3
MAXSP+2500
MOV+20
SPが大きく上がるため、スキルSP消費の大きい本職にはお勧めといえる
またマナウォールのスキルと相性が良い
カースマソウヘッド
カースマソウサラード
70〜DEF+23
INT+11
SPD+4
VIT+2
MAXSP+700
MOV+5
HPR+1%
SPDはマソウよりも低いがセット効果の発動に使うことができる
特殊効果が付いている装備が多い部位でINT補正も高いものが多い
各場面での特殊効果の使い分けが重要
霊幻首飾り・想界65〜DEF+25
POW+6
INT+9
三代目燕樂で作成可能な装備でINT補正が高く作成難易度がそこまで高くない
特殊効果はないが無料装備としては性能がいい
カースマソウジェム
カースマソウジュエル
70〜DEF+18
INT+12
SPD+5
LUK+2
MAXSP+700
MOV+15
INTが一番高い首装備だった
SPDがあるためSPD支援型で特に有用性が高くセット効果も優秀
男用チョコルエブローチEX
女用チョコルエブローチEX
25〜DEF+8
POW+2
INT+2
VIT+1
スキル詠唱短縮50%
ステータス面よりも特殊効果だけを見た装備
詠唱短縮が優秀な装備
その他の部位と合わせることで性能が大きく向上する
頭装備同様特殊な性能のある装備が少ないため各装備で大きな違いはでない
男用ノーライフマント
女用ノーライフマント
60〜DEF+18
INT+12
SPD+5
主にSPD支援型で利用する、SPDやDEFなどの総合力では不死の鳳翼に劣るが
工房で作成可能なため実用的な装備
不死の鳳翼55〜ATK+50
DEF+18
INT+10
SPD+7
VIT+3
HPR+2%
ATKが付いているため物理職向けに見えるが
INT・SPDが高くDEFとVITも安定しているためSPD支援型で優秀な装備
霊幻外套・虚空65〜DEF+19
INT+14
VIT+3
作成難易度や性能がよく全般的にお勧めの装備
職業装備ではないため他の魔法職に流用可能
カースマソウクローク
カースマソウケープ
70〜DEF+19
INT+16
VIT+3
MAXSP+700
MOV+5
INT値が一番高い背中装備でMOVが少し付いている
性能では虚空と大きな違いはない
セット効果が優秀
アークデモウィング70〜DEF+30
POW+6
INT+6
VIT+6
VITが高くINT補正もあるため耐久力が必要な場面で使える
サイサリス・オーブ50〜DEF+18
INT+16
VIT+11
MAT+100
高いINT補正とMATがあるため火力タイプには非常に相性がよい
VIT補正も11あるため実質DEF40の装備
SPD補正がないためSPD支援型には向かない
職業による装備制限がないため魔法職全般で流用可能
一つ特出した性能の装備があるがそれ以外は大きな違いはない
大魔王のローブ65〜DEF+16
INT+9
SPD+5
セット効果で力を発揮する
魔王妃のドレス65〜DEF+16
INT+10
SPD+4
スカルアミーゴ
イシュタードレス
70〜DEF+18
INT+10
VIT+5
作成難易度や性能がよく全般的にお勧めの装備
カースマソウサーコート
カースマソウビスチェ
70〜DEF+19
INT+12
SPD+4
VIT+4
MAXHP+700
MAXSP+700
MOV+5
服としてはHP補正が高く全タイプお勧めの装備
入手難易度が高いため他のINT10程度の装備で代用する人が多い
またセット効果を使用する場合
特殊な効果のある装備の少ないこの部位を使うことで他の装備の自由度が上がる
INT補正値が14の装備が3種類ありそれぞれに特徴がある
また、INT補正はないが大きなHP補正のある装備もあるため
状況に応じた使い分けが必要
霊護符・カタシロ71〜DEF+180
POW+5
INT+14
VIT+5
作成難易度はコノシロを倒す必要があるためやや高いが
ホーリーナイトメイジなどにも流用できるため活用性が高い
カースマソウタージェ70〜DEF+165
INT+14
SPD+2
MAXSP+1000
MOV+10
SPR+2%
MOVが特徴のINT14の盾、耐久力では霊護符・カタシロにやや劣る
セット効果が優秀だがアナザーイベント系の盾がある場合は耐久の低下が大きくなる点に注意
メデューサの盾71〜DEF+163
INT+14
LUK-7
単体では他のINT14の盾に劣るがセット効果で力を発揮する
神々しき帝王の盾71〜DEF+180
VIT+10
MAXHP+2500
HPの低い本職には非常に有用性が高い装備
ボス討伐などでもお勧めの盾
エンペリオンシェルXs63〜DEF+170
INT+8
SPD+6
VIT+8
凍結無効
首での凍結対策が行なえない場合に凍結対策として使え
支援型で使いやすいステータスを持っている
アバターでの補正値が大きい場合はほぼアバティア一択になるが
ない場合はHPに補正のある装備を選ぶと良い
INTアバティア1〜DEF+2
AVAINT×2
アバターでのINT補正が20以上で真価を発揮する
INTアバター+20以下の場合は総合的にロイヤルバングル
の方が優秀となる
主に火力型や支援型に向いている
VITアバティア1〜DEF+2
AVAVIT×2
アバターでのVIT補正が15以上で真価を発揮する
VITアバター+15以下の場合は総合的に帝王の籠手
の方が優秀となる
主に耐久型に向いている
ロイヤルバングル51〜DEF+17
INT+15
LUK+9
MAXHP+1000
DRN+1
HP補正付きの手装備、INTの高さとLUKで帝王の籠手に優るが
総合性能ではやや劣る
神々しき帝王の籠手66〜DEF+22
POW+7
INT+7
SPD+7
VIT+7
MAXHP+1000
HP補正付きの手装備、総合的にステータスが高く支援型などで使いやすい
ノーライフアーム60〜DEF+20
INT+10
LUK+4
工房で作れる装備では一番INTが高い装備
LUCKYでのみ入手可能な装備が素材になっているため
作成難易度は高め、INT補正値は低いがVITも上昇する
スラトンケイルやPOWのマイナス補正があるが一つ下の
曼荼羅環などで妥協しても良い
MOVのある装備が多く装備次第で移動速度が大きく変化する
カースマソウサバドン
カースマソウソルレット
70〜DEF+21
INT+10
SPD+5
LUK+4
MAXSP+700
MOV+20
INTが一番高い靴装備なため
どのタイプにも使える
セット効果も優秀で揃えれば高MOV装備を使わない場合でも一定のMOVを得ることができる
ノーライフブーツ60〜DEF+16
INT+8
作成難易度はやや高めだが工房で作れる装備では一番INTが高い
スラキューレ62〜DEF+20
POW+4
INT+7
VIT+4
INTとVITの補正があるので基本的にはソーサラーと相性がよく
作成難易度もノーライフブーツより低い無料装備だが
ビビリ帝国からの押収品を開ける必要がある
メディレプスシューズ30〜DEF+12
POW+3
INT+5
SPD+3
MAXHP+500
MOV+100
INTとHPと高い移動速度を同時に得ることができるため
どのタイプにも使える
モバガチャ装備のため入手はやや難しい
アンゼレプスシューズ50〜DEF+18
POW+6
INT+7
SPD+3
MAXHP+1000
MOV+100
高いINTとHPと移動速度を同時に得ることができるため
どのタイプにも使える
現在入手不可




コメント欄

コメントはありません。 コメント/ソーサラー?

コメント:

編集連絡欄

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 反映済コメント削除、スラキューレ追加。
    追加要請のあった「万能型」は振り分け例に記載済み。
    IV型ソーサラーの一部説明文の文字色変更。 -- 2014-02-26 (水) 13:39:58
  • スキル相性表のスキル名称を職業ごとの色分けで着色しました
    ついでにマホギレの選択についての備考も追加 -- 2014-03-14 (金) 23:52:21
    • スキル相性表に職業特性を追加しました -- 2014-04-29 (火) 22:27:22
  • 常駐の無料装備類についてのまとめページを作成しおすすめ装備の先頭にリンクを作成しました -- 2014-04-22 (火) 00:29:50
コメント: