魔法系

Last-modified: 2016-07-23 (土) 16:50:49 (247d)

【 職業リンク 】
冒険者: 打撃系 / 魔法系 / 補助系 / 特殊系
一次職: ファイター / メイジ / プリースト / シーフ / ペットライザー
二次職: サムライ / ソーサラー / ホーリーナイト / ニンジャ / レンジャー
三次職: ソードカイザー / グランマギアー / シルドセイバー / アベンジスタ

魔法系


 

魔法について

  • 単体攻撃のみではあるが、圧倒的な攻撃力でパーティーの主砲となる。
  • 敵を誘導するなど立ち回りを覚えればソロも可能。敵の攻撃は避けながら高火力の魔法を放つので、低〜中レベルではソロ活動でもボスを撃破しやすい職種。
  • ただし現在は高レベルになると相対的に戦士が強くなるので、魔法は中〜高レベルはレベル上げに関してはソロ活動が主体となる。
  • 属性に左右されやすいが、各種イベントでの強いボス相手ではパーティーの主砲として活躍できる場合が多い。

ステ振りに関してはINT,SPD,VIT辺りがお勧め(僧侶系共用可能)

  • 気合撃やブンドールとは違い、詠唱中に攻撃を喰らうとキャンセル。

魔法攻撃が属性の影響をもろに受けるため、活躍できる場所が自分の属性によって大きく異なる可能性がある。
立ち回りが重要。

  • 敵の視界ギリギリのところが射程距離の場合が多いため、
    敵が向かってくる前に魔法を撃つには知識とテクニックが必要。
  • LV2魔法の習得を最優先で考えたい。
    常に最強防具を装備していればVITに振らなくても
    ボスなどの強力な敵相手でなければ問題ない。

習得が終わったらボス戦や僧侶スキルの習得も含め、意識して少しずつVITに振っていくといい。

  • いかに少ない手数で敵を倒すかが、狩りの効率面、そして安全面をとっても鍵となっている。(攻撃こそが最大の防御)一方で、一つの狩場につき、オーバーキルはその分intの無駄になるだけなので、ステ振りするint値については「属性」や「遊び方・育成方針の優先順位」、「上昇するプレイヤーのレベル毎の装備補正の変化」や「長期滞在する狩場とのバランス」等を常に考える必要がある。

基本的にINT中心に強化で問題ない

  • SPD上げても詠唱時間は縮まらないので注意。
    (SPDで補正がかかるのは攻撃速度と移動速度。)
  • 装備を揃えられるかどうかがポイントになってくるため、
    素材集めに盗賊やVIT戦士を別に作成したり、PTを組むと良い。

魔法系の方は、こちらも参考に 

魔法系スキル

SS名称消費SP取得条件備考エフェクト
zuban.png光スキル・ズバン35INT15,SPD10光属性のキャラのみ使用可能
ダメージはINT依存による
詠唱中に敵の攻撃を受けると中断する。最短習得レベル9
クリックで画像表示
zubaban.png光スキル・ズババン65INT33,SPD25光属性のキャラのみ使用可能
ダメージはINT依存による
ズバンより射程が広いがそれに伴い時間も1秒ほど増える
詠唱中に敵の攻撃を受けると中断する。最短習得レベル20
クリックで画像表示
bamu.png炎スキル・バム35INT15,SPD10火属性のキャラのみ使用可能
ダメージはINT依存による
詠唱中に敵の攻撃を受けると中断する。最短習得レベル9
クリックで画像表示
dobamu.png炎スキル・ドバム65INT33,SPD25火属性のキャラのみ使用可能
ダメージはINT依存による
バムより射程が広いがそれに伴い時間も1秒ほど増える
詠唱中に敵の攻撃を受けると中断する。最短習得レベル20
クリックで画像表示
nekuro.png闇スキル・ネクロ35INT15,SPD10闇属性のキャラのみ使用可能
ダメージはINT依存による
詠唱中に敵の攻撃を受けると中断する。最短習得レベル9
クリックで画像表示
nekuromu.png闇スキル・ネクロム65INT33,SPD25闇属性のキャラのみ使用可能
ダメージはINT依存による
ネクロより射程が広いがそれに伴い時間も1秒ほど増える
詠唱中に敵の攻撃を受けると中断する。最短習得レベル20
クリックで画像表示
byu-.png木スキル・ビュー35INT15,SPD10木属性のキャラのみ使用可能
ダメージはINT依存による
詠唱中に敵の攻撃を受けると中断する。最短習得レベル9
クリックで画像表示
byu-to.png木スキル・ビュート65INT33,SPD25木属性のキャラのみ使用可能
ダメージはINT依存による
ビューより射程が広いがそれに伴い時間も1秒ほど増える
詠唱中に敵の攻撃を受けると中断する。最短習得レベル20
クリックで画像表示
furigo.png水スキル・フリゴ35INT15,SPD10水属性のキャラのみ使用可能
ダメージはINT依存による
詠唱中に敵の攻撃を受けると中断する。最短習得レベル9
クリックで画像表示
furigona.png水スキル・フリゴナ65INT33,SPD25水属性のキャラのみ使用可能
ダメージはINT依存による
フリゴより射程が広いがそれに伴い時間も1秒ほど増える
詠唱中に敵の攻撃を受けると中断する。最短習得レベル20
クリックで画像表示
mahogiren.pngマホギレン800+HP40%SPD35,VIT402分間の間、魔法・僧侶スキル詠唱中、敵から攻撃を受けても
詠唱がキャンセルされない。
マホギレン自体は詠唱中に敵の攻撃を受けると中断する。
すでにマホギレンが掛かっている場合は中断しない。
自分にのみ使用可能。最短習得レベル26
(INT99での最短習得レベル58)
準備中.pngマホギレーヌ900SPD45,VIT60一定時間{2分+(SPD−45)*5秒}魔法・僧侶スキル詠唱中、
敵から攻撃を受けても詠唱がキャンセルされない。
自分にのみ使用可能。
最短習得レベル36
(INT99での最短習得レベル68)




パラメータの振り分け例


 
振り分けの型キャラLvスキル名POWINTSPDVITLUK
僧魔盗80属性スキルLV1・2181459916
ブンドール
マモール、ミナモール
マホギレーヌ
蘇生スキル(ピョコリト)
回復スキル全種(ルオナ、ドルオナ、ミナルナ、ミナドルナ、ミナテルナ)
 魔法に盗賊スキルを加えた僧魔盗。盗賊スキルを取得するためにINT81になってしまい魔法攻撃が弱まってしまうが、ペットで攻撃させたりすると良い。ソロで活動することや素材集めが容易になった。高レベルになれば、装備次第でマモールが高い効果でDEFを上げられるため、ソロでも強力なボスから素材を集めることができ、パティエンタでは100Fまで行くことができる。また、INT依存攻撃の敵からも素材を得られる。パーティーでのチーム戦では僧侶スキルなどで役立てることができる。
 振り分け例として、SPD10→INT15(属性スキルLV1取得)→INT33→SPD25(属性スキルLV2取得)→INT75→VIT40(回復スキル複数、マモール、ピョコリト取得)→SPD35(マホギレン取得)→LUK16(ブンドール取得)→VIT60(回復スキル複数、ミナマモール取得)→INT81(ミナテルナ取得)→SPD45(マホギレーヌ、回復スキル複数、ミナマモール取得)→VIT99
 LV50でマホギレンを取得できるため、ワグティカの条件パティエンタ50F以上を行くことが容易である。
 


振り分けの型キャラLvスキル名POWINTSPDVITLUK
ギレン魔型58魔法Lv219935401
マホギレン
マモール
他あり
純魔タイプの典型的な基礎振りと言える。
この後はマホギレーヌを取る時はSPD45まで振るとよい。
今後は、装備品のVIT補正に加えて、LVアップとVITステ振りの両面で、
LVカンストまでマモール補正率を高めることができる。
 
 
振り分けの型キャラLvスキル名POWINTSPDVITLUK
ギレーヌ僧魔型80属性スキルLV1・219645991
マモール、ミナモール
マホギレーヌ
蘇生スキル(ピョコリト)
回復スキル全種(ルオナ、ドルオナ、ミナルナ、ミナドルナ、ミナテルナ)
レベルカンストした僧侶魔法。単体行動での強力なボス敵撃破も容易な攻撃魔法、マモール、マホギレーヌに加え、多種の回復スキル、そして範囲スキルや蘇生スキルと、PTプレーでも最大貢献できる。
INTとVITのどちらを99にしてもよいが、冒険者マモールの補正率計算と最大HPを考えるとVIT99の方が良いと思われる。
INT(又はVIT)へのステ振りを少々削り、その分LUKへ16又は30まで振り分け盗賊スキルを取得させることもできる。




属性別の使用感

共通

lv6になったら神殿でアイテムを貰い、エルシオンの聖門前でエンシェントラビ狩りでとりあえずはlv1魔法を覚えよう。
レッドゼリーの攻撃力が高いので木・闇属性は注意。
部屋をかえたりしながら対策、武器と回復アイテムさえあればなんとかなる。
最短習得ならLv1はSPD→INT、Lv2はINT→SPDの順番で
 

光魔法

闇に特大ダメージ、火に大ダメージ。
低〜中レベル時において塔、洞窟ではトップクラスの稼ぎ効率を誇る。
得意な火属性ボスに加え、夢界ブラキラボラス戦では主砲として大活躍できる。
中盤以降は幽幻の屋敷、夢界ストレッサー部屋を狩場とすればよいだろう。
木・水属性が苦手なので谷ボスやアクエリア全般ではややきつい。

火魔法

木に特大ダメージ、闇に大ダメージ。
魔法1,2共に見た目がショボイのが残念。
序盤の育成はとても楽で、習得直後から大火力を堪能できる。
とりあえず魔法使いを体験してみたい人には向いているが、狩場や活躍できるボスが少ないのが難点。後半非常に苦労する。
狩場は中盤以降は50レベルまで、幽幻の屋敷が相性がよい。
森はもちろんの事、特に塔の地下や牢屋、グランガンの飛竜では主砲として大活躍出来る。
水・光属性に弱いのでアクエリアやエルシオンでは相性が悪く、特に敵が強くマップの地形も狭いアクエリアでは全般に非常にきつい。
50レベル以降はジオのネンドロをワンキルでき、ソロ行動可

闇魔法

水に特大ダメージ、木に大ダメージ。
森の敵は楽勝なので序盤から育てやすい。
アクエリアボスパーティーの主砲として活躍できる。
序盤は早くからアクエリアでのレベル上げスピードが速いが、中盤過ぎてからはいまいち相性のいい狩場がない。
光・火属性に弱く夢界ストレッサー部屋とは相性が悪い。
ジオナイア ワグティカPTでは主砲として活躍できる(ワンキルも可能)。

木魔法

光に特大ダメージ、水に大ダメージ。
アクエリア実装により大出世。船外パーティーやいかり部屋では主砲として大活躍する。
エルシオンの無限回廊以降も光属性が多いので活躍できる(ボスも光。)
属性の相性が悪い洞窟や塔の素材集めはやや厳しいのが難点だが、INT極振りでもオーバーキルになりにくいのが最大の魅力。
グランガンのドラゴン狩りやモリッコで魔法LV2習得程度まで育成後
海デビューで高速レベ上げが可能。
火・闇属性の敵に弱く各種イベントでは苦労することが多い。
闇属性に次いで、同じくジオナイアでのレベル上げは楽な属性。

水魔法

火に特大ダメージ、光に大ダメージ。
おそらく通常マップでは最も活躍の幅が広い属性。
洞窟、いかり部屋、夢界ストレッサー部屋と、狩場に非常に恵まれている。
塔ボス・洞窟ボス・エルシオンボスなど強力なボス戦でも輝きまくる。
さらにアクエリアにも参戦可能。
多くはないが、闇・木属性のボスに弱いのが難点。また特に、闇属性の雑魚敵は天敵級となるものがいくつかいるので要注意。

マホギレン魔法

とりあえず作成。意見は掲示板まで。
魔法スキルLv2を習得後、マホギレンを覚える職業。
魔法スキルか僧侶スキルを覚えていないとマホギレンを覚えても無駄。
レベルが低いうちにマホギレンを覚えても火力が弱い。
ソロ行動が多い魔法なら早い段階で覚えてもいいと思う
早い段階に覚えたとしたらサブ壁になることもできる。
INT99にしてからマホギレンを覚えるのが無難
また、50Lvでちょうど覚えるように調整してもOK
マホギレンを習得するまで、なかなか成長が実感できず、あきやすい。
マホギレン習得後、マホギレーヌを覚えるか僧侶スキルを覚えていくかの分かれ道がある。
 マホギレーヌを覚えるのはソロ向け
   特にパティに行く場合は必要。ボス戦でHP40%削られると痛い。
   マホギレーヌ後はSPDに振ってスキル時間を延長させる必要はあまりない。
 僧侶スキルを覚えるのはPT向け
   VITに振っていけば、ミナテルナ、ミナドルナ、ミナマモール等々僧侶に転換できる。
   僧侶も兼ねるとVIT重視装備も必要になってくる。

僧侶魔法

こちらも「とりあえず」作成
魔法スキルを覚えてある程度の火力になったら僧侶スキルを覚える職業。
魔2を習得後INT99にしてもステータスはまだ十分に振れる
高レベルの魔法は自動的にこの職業となるかもしれない。
魔法スキルとしての活躍ができ、さらに回復役がいないときの代理人としても活躍できて活躍の幅が広がる。
ただし、魔法スキル、僧侶スキルをバランスよくしてしまうと弱くなるので注意が必要。
どちらかに重点をおく必要がある。
必要な僧侶スキル習得後はマホギレンを覚えてもよい。

装備品合成指針

LV51程度(一部高レベル帯)までのおすすめ。
・基本的に装備はINT極の方向でよい。
・紙装甲の魔法にとっては装備VIT値を気にするくらいならHPが上がる装備をつけた方が良い場合が多い。立ち回りが重要なので装備のSPD補正も悪くない。
・装備VIT値はマモールを覚えた魔法使いにとっては重要となってくるが、覚えてしばらくは補正値上昇にほとんど影響しないので、VIT装備を考慮するのは高レベル帯になってからでよいだろう。
・魔法使いソロで材料を集めるのは困難なので、やはりサブ盗賊がほしい。
・INT重視で揃えようとすると、マイナス補正が高くなる。最重視でなくとも黒竜系装備などはPOWが下がるので注意。
・盗魔なら弱い敵を含め、材料を集めやすいが、その分成長が遅れるため、序盤から作成するのはやや難易度が高くなる。

武器

合成系統図も参照。
LV16〜の木霊の杖のINT3付加が非常に強力で、作成を最優先する価値あり。

LV21〜の舞扇・キキョウは木霊の杖と同等で作成が楽な上、上位版に舞扇・ナデシコがあるので作成しておくとよい。

LV31〜のBドラゴンクローを作るには現状、非常に達成困難なクエスト素材が必要で、この時点での作成は現実的ではない。
Bドラゴンクローを作成するのが困難な場合、舞扇・ナデシコで我慢しよう。
上位版のBガイアブレードはマイナス補正がないことを考慮すると扱いやすいので作る価値はある。

LV41〜のブラックコーンは性能はよいが、POWマイナス補正・素材集めに時間がかかるのでこの時点で、無理に作る必要はない。
代わりにアメジストワンド〜ダイヤスティックを作成しておこう。将来、天魔滅殺剣〜の作成クエストの過程で必要になり、将来使わなくなっても無駄にならないので、作成するのがおすすめ。

輝光の剣はINTと同時にLUKが補える点で珍しい武器。ステラステッキは作成が難しく、これより先の上位互換も無いので作る必要はない。

LV46〜のエンジェルトゥースは、POWマイナス補正が大きくやはり装備させづらい装備。
他の装備部位に比べ、中〜高レベルの魔法武器のINT補正は現状でも極端に大きいとはいえないので、POWマイナス補正が補えないのなら今すぐ無理して作成・装備しなくてよい。
素材が揃うまでは他の武器(ダイヤスティック・Bガイアブレード)で我慢しても充分だろう。

LV56〜のアザゼルサイプレスは、POWマイナス補正が-2と扱いやすく、このLv帯ではINTとPOW付加の他部位の装備で補えるので優先して作成しよう。
セイントコンドルの杖はINTこそ低いものの最終的にイモータルサイスとなるので作成しておこう。

天魔滅殺剣〜破邪端翔剣は高いINT補正のみならず、武器単体の高ATK値に加え強力なPOW補正が付いている非常に強力な武器。また、ノックバックしながら詠唱する速魔法にとっても最適な装備品である。

Bドラゴンクローやブラックコーン、エンジェルトゥースのPOWマイナス補正については、カエルの宝珠腕輪やセレスティアルムーン(限定品)、フワモコメリースリッパ(限定品)、炎獅子の盾などを組み合わせて装備することで解決する方法できるので、無理にステでPOWを振る必要性はないだろう。高レベル帯では魔法用首装備で無理なくPOWを大幅に補えるのでなおさら大丈夫である。

合成系統図も参照。
英知の盾への合成ルートが最優先だが、低〜中レベルにおいては盾装備のINT補正はあまり高いものがないので、割り切って戦士と同様にDEF重視の盾の作成・装着でもよい。比較的材料の揃え易い金属系盾を平行して作るとよいだろう。

LV31〜の竜面壁は自力作成は非常に困難だが、高レベル帯まで使用に耐えうる守備力の高さが魅力的。作成が困難な時はINT補正はないが、LV36〜の聖十字の盾でもよいだろう。

能力的には同期盾に劣るものの、シルフシールドの見た目がよいと思ったら羽根を集めて作成すると良いだろう。41、46での上位盾の作成にも利用できる。

黒炎の盾〜炎獅子の盾は武器・手装備・背装備のPOWマイナス補正を補う意味では使い勝手が良い装備で魔法使いも使用する価値があり。英知の盾と一緒に持っていても無駄にならないだろう。

LV51〜のBドラゴンシールドは守備力・INT補正の両面で強力な装備、材料の巨竜の重皮はクエストで入手可能。

高レベル帯では、INT補正最強盾のルート、セット装備効果のあるレグルスクルセイドのルートのいずれも魅力的である。

合成系統図も参照。
中盤まではやや女優遇のラインナップか。

ベーシックなマジシャッポ→マジハットの作成でよいだろう。見た目重視?女専用のナナハットは魔法ソロだと材料集めがやや難しい。
助力を頼むか、サブIDで盗賊を作った方が早く調達出来るだろう。
男キャラはPOW補正さえクリアできればこれまた見た目が個性的なモリッコリーダー帽でつなぐのも有か。

レベル30以降はクイーンティアラ、ホーンクラウンだが双方とも眩き結晶×2が必要。
遺跡50Fまでの登頂が必要で、LV30になりたての魔法ではやはり難しい、サブキャラの戦士に突撃させよう。非常に高いINT補正かつ、最高INT装備の合成ルート装備なので頑張って作成したい。

トゥインクルハットはマジハットからの上位装備だが、装着LVは30からで作成の労力に比べると・・・という装備。見た目重視の方に。

BドラゴンフェイスやBガイアアギトは黒竜系素材や一部有料チョコットガチャ専用素材が必要であるので、育成と並行しては作成しづらい装備。

40からはエンプレスティアラ・サプリムホーンが作れるが何しろ素材が厳しい。しかしレベル的にはアクエリアへ船底へ行き、クエストや素材集めは出来ると思われるので、ここはサブキャラの使用や他プレイヤーの助力を得ながらも頑張りどころである。

40ではリヒトサークレット、45からはレグルスクラウンも装備可能である、INT補正があり、守備力も高いので魔法使いも使い分けが可能な装備である。

有料装備では頭装備が充実しているが、特に、INT補正が無いもののHP増加補正効果のある装備(ビビリセット帽などなど)は、紙装甲でHPの低い魔法使いにとっては非常に有効になることが多い。HPを上げることは守備力を上げるよりも有効である(敵にワンキルされない等)ことが多いからだ。

合成系統図も参照。
LV1〜のフェザーネックレスは気休め程度に付けているだけでも充分である。

LV20〜のスターチャームがINT+3補正と強力。

LV25〜のエーテルスフィアはINT+2補正だが、若干守備力が高い。ただし、こちらは洞窟奥部の敵の素材が一部必要。

精霊の守りはモリッコ商店で作成できるINT装備というよりも、魔法使いのLV40〜頭装備の素材(ピュアな情熱)の入手に必要になる装備。
作成は易しくないので、早い段階から並行してすこしづつ作っておくとよい。

この段階でLV35〜のアビスオーブに向けて緑竜のチョーカーを作成するとよい。

LV30〜の魔竜の首飾りは上位合成がある上に、作成はクエストでの素材集めであり、魔法のソロ活動でもドロップ頼みでなんとか作成できる水準の装備である。
素材の中で一番難易度の高い白い聖水は城のミミックが一番簡単。

そのほかに通常の工房装備とは別に、過去のイベント限定装備が使い勝手の良い高性能なものが多い。
セレスティアルムーンはPOWを大幅に補正でき、エーテルアミュレットVITを大幅補正できる。(限定装備につき、入手は交換のみ)

LV35〜のドクロネクレスはクエストで入手できる。クエストのクリア条件がこの時点で達成するのは難しいので後回しにしてかまわない。

LV40〜の獅子王首飾り・絶空以降の高レベル装備ではINT補正と同時に高いPOW補正ができるので、武器や手装備のPOWマイナス補正を相殺することが容易になる。

合成系統図も参照。
LV15〜のブルーマントはこのレベル帯で少ないINT補正があるものなので、早急に羽根と青皮・青うぶを集めて作りたい。

LV30〜の蒼穹の衣は遺跡ボスからのドロップ品必須。魔法使いだけではほぼ入手不可能だろう。
しかし、INT8+DEF計16という素晴らしい装備でかつ、上位装備につながる合成ルートなので、育てた戦士を遺跡に突撃させるか、それでも厳しいならば素材を交換で入手してもよいだろう。

LV20〜のレヴェリーマントはPOW補正装備が必要だが、蒼穹の衣が手に入るまでを装備するのも手である。
上位装備のファビュラスマントは闇色の翼50が非常に面倒なので労力に対して性能は低い。
さらに上位装備であるレムノクスマントもファビュラスを作る手間を考えると交換などで蒼き獣皮を手に入れたほうが楽である。

他にRドラゴンテイルとBドラゴンウイングがあるが素材がボス級モンスターのものばかりなのでこの時点での作成は難しい。

LV35〜の旅人の心得・郷愁の和帯は背刀系統の装備。上位版にはINT補正がない。獅子王套・蒼烈までのつなぎとしても作ってもよい。

LV40〜の背後霊ちゃんは強いLUKマイナス補正があるがINT+10。LUK補正のあるサプリムホーン・エンプレスティアラといっしょに装備すれば問題ない。
屋敷ボスのドロップ品で作成できるので、自力で無理ならばPTや協力プレイなどの助力を得て作成するとよい。

獅子王套・蒼烈は遺跡の素材が必要。強力な上位版もあるのでぜひ作りたい。

LV52〜スラッディクロークは下位装備のスラミュスの素材の青いムニムニ(現在はビビリ帝国からの押収品からのみ入手可能)がネックだが他の素材は容易に集まる。
百獣王套などと比べると素材集めが楽なのでオススメ。

  • インナー→冒険コート→マジカルスーツ→コメットローブ(要・VIT補正)
  • 黒竜闘衣(要・チョコットガチャ)
  • シェルアーマー(青)
  • リヒトサープリス

    +  チャート

合成系統図も参照。
服装備はあまり作成が現実的な選択肢が多くない。

マジカルスーツの材料はレアドロップがないので、塔5Fと1Fに光盗賊を派遣すれば簡単に調達できる。(悪魔の衣はエルシオン空中回廊のグレムリンだとさらに楽なので、ソロで材料を集めるのも簡単になった。)

コメットローブはLV20から装備できるが、素材の確保が非常に難しいので育成と並行して作成するのは現実的ではない。

女専用のルリアゲハドレス(LV25〜)はマジカルスーツ同様の高INT補正に加えSPD補正も付く良装備だが、これも素材集めはイベント時を除き非常に困難。

LV25〜のシェルアーマー(青)は、INT増加系の体防具の中ではDEFが高いが、アクエリア船底の強敵の素材が必要でこれまた作成は非常に困難。

LV30〜からの定番装備といえる黒竜闘衣は、交換もしくは有料のチョコットガチャを(素材が出るまで)回さないと手に入らない。これに関してはその後の上位装備、INT補正最高装備への発展もあるので、どうしても装備させたかったら割り切って交換に頼ってもよいだろう。

LV40〜のリヒトサープリスは見た目重視か。これも作成は易しくないが、INT補正に加え、SPD+5の補正が大きいので意外と使い勝手の良い装備。この装備までの合成ルートが長いので、コツコツ作っておくとよいかもしれない。

  • 花の指輪(クエスト、女性専用装備)
  • ニムニグローブ→鉄甲虫の籠手→コアガントレット→ジュエルガントレット
  • ガラス玉の指輪→アクアマリンの指輪(女専用装備)→邪眼輪(男女共通)→百眼輪(男女共通)

    +  チャート

合成系統図も参照。
材料自体のマゾさはそれほどでも無いのでかなり作りやすい部類。

草原ボス素材で作成できるカエルの宝珠腕輪は武器の欄で示したとおり、POWマイナス補正を補いつつINT補正もできるので、低〜中レベルでは使える装備である。

花の指輪及び、アクアマリンの指輪は女性用なので注意。百眼輪以降はPOWマイナス補正が付くので他の装備で補おう。
百眼輪については無理にPOW補正と組み合わせて使うよりINT装備と邪眼輪のままの方が使いやすい場合もあるので、補正値の合計を考えて強化しよう。

  • 革サンダル→造花のサンダル→おしゃれサンダル(女専用ルート)
  • ジェントルシューズ(クエスト、男専用)
  • モリッコ布靴(INT+3,POW-2)
  • 革サンダル→革ブーツ→水玉の長靴
  • 革ブーツ→ハリネズシューズ→アイアンシューズ→メタルグリーブ
  • 革ブーツ→ハリネズシューズ→アイアンシューズ→緑竜鱗の長靴
  • 革ブーツ→ノクターンブーツ(INT+3,VIT-3)→珊瑚の靴(INT+4,VIT-4)
  • フワモコメリースリッパ(イベント限定、POW+2,INT+2)
  • 和国下駄→鉄下駄→古代樹の下駄→黒漆の下駄(INT+3,VIT+2)

    +  チャート

合成系統図も参照。
靴装備は選択肢が少ない上にどれも作成が困難、その割にはINT補正が少ないなど、作成の労力に釣り合わないものが多い。

男女共にかなり長い間、革サンダルor革ブーツにお世話になるだろう、いや、それどころか今では初心者クエストで入手できるカエル足でも充分であろう。

POWマイナス補正がきついものの低レベルから装着できるモリッコ布靴はINT補正が非常に高い。

女キャラには造花のサンダル〜おしゃれサンダルがあるが、INT+1の補正しかない上に、作成は易しくない。

INT最高補正装備ルートとなるのは珊瑚の靴の作成だが、作成は難し目なので、こつこつ素材を集めながら並行してつくるとよい。

マモールを取得した中〜高レベルの魔法使いにとっては補正率に影響する装備VIT値も重要なので、鉄ナメクジ系靴の作成も一つの本命ルートであるといえる。装備単体の守備力が高いのでかなり役に立つだろう。鉄ナメクジの靴程は守備が高くないが、緑竜鱗の長靴もSPDマイナス補正がないので悪くはない。

古代樹〜黒漆〜赤塗の下駄はマイナス補正もなく、INT補正、バランスともに魔法使いにとって使い勝手が良い靴装備と言えるが、限定装備のため作成はイベント時のみだったがアマテラスのアップデートにより
常時作れるようになった。ただし赤塗の下駄は素材集めが大変なので注意。

合成材料確保・使用優先度合いなど

カエルの蒼珠 計1〜4個

  • マジハット(1) ナナハット(2) 英知の盾(1)

初期の頭装備のマジハット(男)は1個、ナナハット(女)には3個(マジハットの分も含めて)必要。
英知の盾は上位版のスカルプレートにはINT付加はないもののPOWマイナスがないので作って損はない。

穴だらけの青皮 37個〜

  • ブルーマント(20) 冒険者の帽子(2) マジシャッポ(5) 革ブーツ(10)

性別や、帽子をどう合成するかで順序や数量も変動。
男ならマジシャッポ(マジハット)を諦めて、うぶ毛ベースの僧侶帽に行く手もある。
冒険者の帽子→マント→マジシャッポ→ブーツといった感じか。
DEF最優先なら冒険者の帽子を余分に作っても良いが、他を後回しにするのはいかがなものか…。
アップデートにより序盤の装備に必要な素材の数が大幅に減ったため、必要数が下がっている。(昔は67〜だった)
トゲネズミ3匹で穴だらけの青皮を1個もらえるクエスト(アレス隊野営地入口)があるので忘れずに受けておこう。

よくある鉱石 20〜42個

  • ティアラ(10) ロックガード(20) ライトシールド(10) 黒炎の盾(22)
    ティアラ(女)は上位版のクイーンティアラが優秀なので優先的に作成しよう。
    ロックガードは英知の盾、ライトシールド〜黒炎の盾は炎獅子の盾と最終的になるのでどちらかを作成しておこう。
    英知の盾はPOWマイナスがなく高INT、炎獅子の盾はINT補正+POW補正があるのでブラックコーンなどのPOWマイナスも補えるという特徴がある。

レア材料 カエルの黄金珠 計1個

  • 琥珀のペンダント(1)

琥珀のペンダントはVIT重視の黒竜チョーカー、アビスオーブの材料の緑竜チョーカーを作るために1個必要。

レア材料、情熱の花 20本

  • サプリムホーン・エンプレスティアラ(20)

Lv40装備のサプリムホーン・エンプレスティアラ用に20本必要となる。

+  INT装備組み合わせ

INT最大装備組み合わせ

※男女で性能差あり

部位名称LVATKDEFPOWINTSPDVITLUK
武器霊符・霊幻のカタシロ72285-1410
大魔王の角60-18107
魔皇妃のサークレット
ウィズダムストーン70-20106
雲幻外套・虚空65-19143
大魔王のローブ60-1695
魔皇妃のドレス6016104
メデューサの盾71-16314-7
INTアバティア1-244
ノーライフブーツ60-168
ステータス残りステ:1219945601
アバター44
サロン4
ペット装備30
セット効果♂6
♀7
合計値722873961♂315
♀317
♂56
♀55
731
※2012.08現在

メイジの場合
初期ステータスにより+2
転職時パラメータ付与により+5
職業スキルの効果により+6
増加可能なので最大 ♂328 ♀330

編集連絡欄


#include(): No such page: コメントの注意