デュアルスター

Last-modified: 2017-12-16 (土) 22:33:49 (279d)

【 職業リンク 】
冒険者: 打撃系 / 魔法系 / 補助系 / 特殊系
一次職: ファイター / メイジ / プリースト / シーフ / ペットライザー
二次職: サムライ / ソーサラー / ホーリーナイト / ニンジャ / レンジャー
三次職: ソードカイザー / グランマギアー / シルドセイバー / アベンジスタ/ デュアルスター

デュアルスター


備考

  • アップデート情報
    • 2017年4月19日 新職業「デュアルスター」の実装

転職条件

  • 転職対象キャラクターのレンジャーでのレベルが、Lv70以上であること。
  • 上記の条件満たした状態で職業協会にいるイニングル協会長と話す。


    iningurukyoukaichou.gif
      イニングル協会長

特徴

&ref(): File not found: "デュアルスター.png" at page "デュアルスター";


ペットを2体召喚することができる。
召喚したペットには番号が割り当てられ、先に召喚したペットが番号1番となる。
レベルアップに必要な経験値が非常に多いのでレベル上げはかなり大変。

職業装備について

デュアルスターのスキル

ペットライザー・シーフ・レンジャーからスキルリンク可能

※物理系の基礎ダメージ=(AP‐敵DEF)×2

アイコンスキル名消費SPスキル系統効果
グランドオーダイン.pngグランドオーダイン職業特性レンジャーのスキル「オーダイン」の命令による攻撃スキルダメージをアップさせる職業特性。
スキルLvに応じて対象スキル(以下の3つ)のダメージアップさせる。
更に、「なでなで」によるボス級ペットのスタミナ回復も可能。
※召喚中のボス級ペットのHP/SPを回復薬で回復させることは不可
対象スキルの上昇量
ペトスタン:(スタン時間の変化は無し)
ペトバーン:
ペトレンダ:
グランドブリンク.pngグランドブリンク職業特性ペット召喚直後に一定時間だけモンスターからペットへの攻撃をすべて回避する職業特性。
スキルLvに応じて効果時間が延長され、再使用間隔が短縮される。
再使用間隔が0になる前に、同一ペットを再召喚した場合、スキルの効果は発揮されない。
ペットを召喚した際、召喚してから一定時間召喚したペットがダメージを受けなくなる。
※特定のギミックによるダメージは対象外
※スキルや装備アイテム等による再使用間隔の短縮不可
※スキルアイコンに再使用間隔は表示されない
※ペットサモン、サポートサモンで召喚されたペットは対象外
効果時間:[秒]
再使用間隔:[秒](公式より、Lv10で約5秒)
フュージョンソウル.pngフュージョンソウル800ペット補助
自身のペットのみ
最初に召喚したペットに2番目に召喚したペットのステータスを加算させる。(詳細は以下参照)
合成中は「なでなで」不可状態になり、対象ペットがケージに戻ると解除される。
1体目のペットに反映されるステータス量:2体目のペットのそれぞれのステータス×(スキルレベル×0.1)
効果時間:召喚中は永続
詠唱時間:[秒] 硬直時間:[秒]
ペトエレライジング.pngペトエレライジング500ペット補助
自身のペットのみ
召喚したペット自身の属性効果を高め、有利属性への攻撃ダメージが増加する。
ダメージ増加量(無属性ペット以外):SLV1時ダメージ+2%?
ダメージ増加量(無属性ペット):
効果時間:[秒]
詠唱時間:[秒] 硬直時間:[秒]
ペトエレディクリス.pngペトエレディクリス500ペット補助
自身のペットのみ
召喚したペット自身の属性効果を高め、有利属性からの被ダメージを減少する。
ダメージ減少量(無属性ペット以外):
ダメージ減少量(無属性ペット):
効果時間[秒]
詠唱時間:[秒] 硬直時間:[秒]
エンペラーエール.pngエンペラーエール50ペット補助
範囲補助(使用者中心)
効果範囲内にいる全てのペットを「なでなで」と同じ効果(対象のペットのスタミナを回復)を与える。
※マジデゴーやフュージョンソウルの効果を受けて「なでなで不可」状態になっているペットのスタミナを回復することはできない。
効果範囲:
詠唱時間:[秒] 硬直時間:[秒]

テイマースマッシュ・ペットシュート・シンクロソウル

・テイマースマッシュ
 2匹のペットのSPをダメージに反映させるが、反映量は1匹目と2匹目で異なり2匹目のほうがダメージへの反映量が低い。
 そのため、SPの最大値が異なるペットを2匹召喚する場合は1匹目にSPの高いペットを召喚する必要がある。
 また、フュージョンソウルを使用しても2匹召喚時のダメージと同じ。
 ※SPが同じならどちらを先に召喚してもよい。
・ペットシュート
 複数のペットを召喚している状態で使用した場合は
 ペットサモンで召喚したペット⇒1番目に召喚したペット⇒2に召喚したペット
 の順番で発動する。
 フュージョンソウルによるダメージの反映量は未検証。
・シンクロソウル
 複数のペットを召喚している状態で使用した場合は
 1番目に召喚したペット→2番目に召喚したペット
 の順番で発動する。
 また、反映量は1体目のシンクロ効果中に2体をシンクロした場合は1体目のペットのHP/SPを100%、POW/INT/SPD/VIT/LUKを2〜20増加さした状態から2体目のペットのHP/SPを100%、POW/INT/SPD/VIT/LUKを2〜20増加する。(シンクロソウルの詳細はこちら)
 ※フュージョンソウル効果中でもPOW/INT/SPD/VIT/LUKが4〜40上昇する。
  

フュージョンソウル

+  フュージョンソウル

ペトエレライジングとペトエレディクリス

+  ペトエレライジング
+  ペトエレディクリス



デュアルスターの育成例

レベルを上げるといいスキル

アタマモオーダイン型

基本的にはレンジャーと戦闘スタイルは変わらず、ペットライザーのスキルであるペットアターク・ペットマモールで召喚したペットを強化してレンジャーのスキルであるオーダインのペトレンダ・ペトバーンを使用して戦うタイプ。
デュアルスターの特徴であるペットの2体召喚を利用して片方はペトレンダで単体攻撃させてもう片方はペトバーンで範囲攻撃させることもできれば、両方ともペトレンダで単体特化させるのもよい。
ステータスとしてはPOWやVITに振って倍率を上げたりINTを振って持続時間を確保するのがよい。(INTは基本的に装備補正で確保するのが好ましい)
 リンク枠としては3枠で運用することもできるが、枠を拡張することでステータスを上げられるスキル(=火力や耐久性を上げる)等が使用できる。

ペットアタークペットマモールマジデゴーペットマニューバオーダインSPヒーラー
評価

※?=ペット自身のステータスや(マニューバのみ)レンジャーのレベルに依存するため価値が異なるが、あると便利なスキル
 〇=あると便利なスキル ☆=必須スキル

※フュージョンソウルについては詳細が確定するまでは表記しておりません。

スマッシュ(シンクロスマッシュ)型

ペットライザーのスキルであるテイマースマッシュを使って戦うタイプ。
テイマースマッシュを使うには自身のATKだけでなく高SPのペット(ハロモンやズズー等)が必要となるためペットが用意できない場合は他の型やコソバーンを使うほうが無難。
レンジャーと違って2体召喚が可能なため火力は上昇するが、範囲攻撃が使えないのは
・高SPペットは普通に移動をし、敵に攻撃するためオーダインLv10で使用可能な「なにもするな」をそのマップの安全地帯で命令するとペットが死ににくくなる。

高SPペットを召喚した状態でシンクロソウルを使用して大天使の加護を使うことで火力を他のスキルよりも爆発的に上げることができる。
・その際も高SPペットを召喚する必要があるためシンクロソウルの効果が切れるちょっと前とかに大天使の加護を使用するのが好ましい。
 
※テイマースマッシュの詳細はペットライザーのスキルを参照
 リンク枠としてはテイマースマッシュとオーダイン(Lv10)とシンクロソウル(大天使の加護が使える場合のみ)の3枠あれば運用することができる。
・高SPペット
 通常ペット 爆発型ハコスラ系(ペットパーク等):SP9863〜 ズズー(アナザー6・闇の里ムラクロ):SP10000〜
 ボスペット ハロモン(ゴーストパーク2017):SP30000〜 

ペットシュート型

 レンジャーのスキル、ペットシュートを主軸に戦う型。(フュージョンオーダインが手軽に強いし主流だと思うけど…それでもペットシュートのロマンを追い求める方にこの記事を捧げます。)

・概要
 ペットシュートの威力はレンジャーのページにもある通り、ペットのINTに依存し、属性もペットと同じものになるため、レンジャーにおいては高INTペットを五属性分持っておかないと運用が難しかった。
 しかしデュアルスターのスキル、フュージョンソウルを用いることで手軽INT400を突破するペットを用意でき、容易に属性も合わせやすくなること、また箱やボスペット等の高INTのペットを用意できるならば、合体させることでINT1000を突破することも容易に出来ること、更に2体召喚を利用してシュートの撃ち分けが出来ることなどから、ペットシュートによる一撃離脱がより強力かつ汎用的に行えるようになる。

・戦闘スタイル
 テイマースマッシュ型と同じく、ペットに直接戦闘させる訳では無いため、オーダインLv10で使用可能な「なにもするな」をそのマップの安全地帯で命令するとペットが死ににくくなり、バフ掛けや撃ち出しがしやすくなる。
※ペットシュートの詳細はレンジャーのスキルを参照

 戦い方としては、マップ端等で敵の属性相性に合わせたペット召喚→二体目(復帰が早いものが理想)召喚→合体→バフを掛けて撃ち出し、という流れが多くなると思われる。
 合体(フュージョンソウル)を使用する関係上、そこまでの高INTでなくても十分実戦に耐え得るうえ、合体順序や合体ペットを一部変更することで属性相性も合わせやすくなる。またこれまで復帰が早くともINTがあまり伸びないペットは運用し辛かったが、合体を利用することでこの問題も解決する。

・スキル構成
 継承枠としてペットシュート、オーダインは必須として、マジデゴーもほぼ必須、ペットマジアタークやペットマニューバも入れられるならば火力アップに繋がる。またペットサモンを継承することで1分毎に五属性ペットorボスペットが喚べるため、足りなくなりがちな範囲殲滅力を補うことができる。
 デュアルスターのスキルはフュージョンソウルは必須のためLv.10まで上げる必要がある。その他はあまり直接お世話にならないが、グランドブリンクを上げれば混戦中の合体やシュートも楽に出来るようになるだろう。
(また未検証ではあるが、ペトエレライジングの効果がシュートに乗るのであれば上げることで火力アップに繋がると思われる。)

・ステ振り
 ペットマジアタークを使わないのであれば、INTよりも耐久(もしくは回避)に割いた方が良いかもしれない。
またPOWは使う機会が無いため、サブウェポンとしてテイマースマッシュを使う場合以外気にしなくて良い。
SPDも移動速度程度でしか意味を為さないため、重要度は低い。
これらを考慮すると以下のようになると思われる。
INT極>本体耐久向上のVIT(230にできるならLUKでも可)>>SPD>>>POW

・欠点
 高火力を引き出せるボスペットや箱は、総じて復帰に時間が掛かるものが多く、箱なら十分以上、ボスペットならば一時間以上掛かる場合もざらにある。そのためレンジャーの一撃離脱のシュート型と同じ問題を少なからず抱えることになる。
 また、この間隔を埋めるために通常ペットをローテーションさせることも考えられるが、そのためにはケージ枠が多く必要になる。また継承スキルにも必要なスキルが多いことから、継承枠も6枠有る方が良く、ペットの育成にも多くの時間やボーロが必要になることを考えると、それなりの額の課金がほぼ必須になってしまう。
 また他の型に比べ、バフに掛ける時間が多くなりがち。特にパーティーでの戦闘では戦闘準備が終わる頃には戦闘が終わってる…なんてことも。そのため掛けるバフの量や撃ち出すペットを素早く判断する必要がある。

・推奨高INTペット(推奨高INTペットはレンジャーのシュート型と同じである。そのためレンジャーのページにある、ペットシュートについての記事も参考に用意すると良い)

 通常ペット ハコスラ系、ねこのやど(ペットパーク)
ペンギン、インコ、ポロプリースト(課金エッグ)
マカマカボチャ(ハロウィンイベント)等
 ボスペット 創造の魔女ヴァスカ(EX)、ルヴィン(ハロウィンイベント)
ヴァレリア(レイコール6F(要鍵))等

※誤字脱字、間違い等があればご指摘お願いします。

情報提供欄

コメントする前にこちらをお読みください
誤った記載、不足情報等ありましたらコメントお願いします。
編集作業効率化のため反映させたコメントは削除しますのでご了承下さい。
質問はなぜなにチョコットランドでお願いします。

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • フュージョンソウル効果値=スキルLv x 10(%) -- 2017-04-19 (水) 19:06:00
    • ↑マジデゴー・ペトマニューバ・ペトステの効果は対象外 -- 2017-04-19 (水) 19:08:05
      • ↑ペトステ(単純なペットの能力上昇系)の効果は対象、ヌシステの効果は一匹目のみ -- 2017-12-13 (水) 00:44:28
  • ペトエレライジング 無属性の場合スキルLv10で10%増えてました。1Lv1%? -- 2018-02-03 (土) 15:56:15
お名前:

コメントする前にこちらをお読みください